みんなの本音.com

一男一女のアラサー。有益な情報を発信します

【社会の底辺】工場で働く人に陰湿な人が多い3つの理由とは!?

f:id:cgef:20190122120749j:image

工場で働いていて、職場の人間関係に悩んでいる人向けです。

 

この記事では、工場で働いている人に、陰湿な性格の持ち主が多い理由について解説します。

 

工場によっては、雰囲気が明るく、コミュニケーションが活発なところもあります。

 

反対に会話がほとんどない職場も存在します。

 

どちらかと言うと、工場という職場は、人間関係が希薄で殺伐とした雰囲気になりやすいです。

 

本記事は、工場で働く人間の質が悪い理由から、転職して別の職場で働くメリットまでお伝えします。

www.hatanomi.com

【社会の底辺】工場で働く人に陰湿な人が多い3つの理由とは

工場で働く人に、陰湿で性格が悪い人が集まる理由は、以下のとおりです。

 

  • コミュ障が多い
  • 社会的不適合者が働いている
  • せまい人間関係の中で生きている

 

上記について、くわしく解説していきます。

陰湿なコミュ障が多い

工場の仕事は、同じ作業をもくもくと続けることを求められます。

 

仕事の大半の時間は、機械を相手に作業するため、他人とコミュニケーションすることが少ないですね。

 

そのため、よほどのコミュ障でない限り、リストラされなくて雇用が保障されます。

 

中途半端なコミュ障は、対人コンプレックスが強く、隠れて人の悪口を言いふらします。

 

陰湿なコミュ障が、職場の雰囲気を暗くして、人間関係が殺伐とする原因を作るのです。

社会的不適合者が働いている

製造業界においては、人手不足が年々深刻化しています。

 

そのため、人が集まらない地方の中小企業では、元受刑者である犯罪者を再雇用することがあります。

 

社会的倫理観に欠けており、挨拶などの基本的なマナーがなってない人でも、雇わざるを得ないのです。

 

雇用主は、犯罪歴があることを他の社員に隠します。

 

もしかしたら、工場で働いているあなたの周囲に、元犯罪者で刑務所に服役していた人がいる可能性があるのです。

せまい人間関係の中で生きている

f:id:cgef:20190122120917j:image

工場では働く人は、家と職場の往復で平日の大半を過ごします。

 

休日は、近くのパチンコ屋に行き、いつもの居酒屋で安い酒を飲むといった生活を送るのです。

 

彼らの人間関係の範囲は、とても狭いものがありまして、自分のコミュニティの外側のことを知ろうとしません。

 

必然的に、自分の狭いコミュニティの価値観に染まり切り、世の中の常識とずれていきます。

 

その姿を第三者の視点から見ると、「お山の大将」という言葉がピッタリ合います。

www.hatanomi.com

『あ、この人たちと働いていくのは無理だな』と思ったら転職すべき

工場勤務には、合う人と合わない人が明確に分かれます。

 

人間関係が希薄で、暗い雰囲気の中でも、もくもくと仕事をこなせる人には、おすすめな職種です。

 

とはいえ、全ての工場の人間関係が、希薄で殺伐としている訳ではありません。

 

工場によっては、コミュニケーションを透明化する運動に取り組んでいるところもあります。 

 

社員の目が死んでいて、工場全体から殺伐とした雰囲気が出ているならば、早急に転職して職場環境を変えることをオススメします。

 

下記にオススメな転職エージェントとサイトをまとめておきました。