みんなの本音.com

一男一女のアラサー。有益な情報を発信します

視線恐怖症の人が活躍できる仕事とは?【職場環境を変える】

f:id:cgef:20181223123424j:image

視線恐怖症を抱える方で、現在の仕事場で視線のやり場に困っている人向けです

 

本記事では、視線恐怖症に苦しんでいる人が、転職活動をして視線の少ない仕事を選ぶことで、人生がガラリと変わることを解説します。

 

筆者は、前の職場において、視線恐怖症になっていた時期がありまして、極度のストレスを抱えていました。

 

しかし、思い切って転職をして職場環境を変えたところ、人生の生きやすさが格段と上がり、仕事で幸福感を感じることができるようになりました。

www.hatanomi.com

視線恐怖症の人が活躍できる仕事とは?

視線恐怖症の人が働きやすい職場を選ぶためには、対人コミュニケーションをあまり必要としない仕事を選ぶことが大切です。

 

世の中には、本当にさまざまな仕事がありまして、人とあまり接しなくてもお金を稼げる仕事はいくらでもあります。

 

具体的には、工場系の仕事と清掃関係の仕事が、視線恐怖症の方にオススメです。

 

この二つは、機械や製品を相手にもくもくと仕事をするため、他人の視線を気にする時間がかなり減ります。

 

人の視線が怖い状態で働き続けても、症状が余計に悪化して、最終的に社会復帰ができなくなる恐れがあります。

 

今現在の仕事が辛いのであれば、転職の準備を着々と進めていき、いつでも職場環境を変えれるようにすべきです。

 

他の選択肢を持っておくと、精神的な余裕を持つことができます。

工場で働くという選択肢

工場で求められる力は、決まった手順にもとづいて、手を動かして製品を作り続けることです。

 

チームで取り組むよりは、個人でやる仕事がほとんどでして、人と長時間接する打ち合わせや会議がほとんどありません。

 

また、工場で働く人は、忙しくて他人に注意を払う余裕がないため、人の視線を気にすることなくもくもくと作業することができます。

 

そして、一度仕事を覚えてしまえば、後は同じ作業を繰り返すだけですので、頭脳を使ってストレスをためることも少ないです。

 

工場で働くことで、強制的に仕事に集中できる環境と、人の視線が気にならない環境を同時に得ることができます。

絶対に避けるべき仕事

視線恐怖症の人は、仕事場で人から見られていたり、他人が近くにいるとソワソワしてなかなか集中できないストレスを抱えます。

 

そのため、視線恐怖症の人が避けるべき仕事は、日常的に知らない人とコミュニケーションをとる必要がある職種です。

 

主に、営業系や接客の仕事を避けるのがポイントです。

 

人と積極的にコミュニケーションをとることで、症状が改善していくケースもありますが、対人関係に失敗して自信が根こそぎ刈り取られる恐れもあります。

 

症状がキッカケの出来事で自信を失うと、症状が深刻化して対人関係がより困難なものへとなります。

視線恐怖症の人は意外に多い

世の中には、他人からの視線に悩む人が結構います。

 

視線恐怖症の人は、独特かつ人に絶対に理解されないという恐怖感から、他人に悩みを打ち明ける人が少ないです。

 

悩みを抱え込んだ結果、大人になっても視線に恐れを感じる人たちは、引きこもりになるのがほとんどです。

 

一度引きこもりになってしまうと、他人に対する劣等感に一生涯苦しむことになりまして、底辺をさまよう人生を送ることになります。

 

そのため、職場で視線に悩んでいる方は、環境を変えて再びイキイキと働く選択を取るのが重要です。

 

赤の他人の視線が怖いという状況では、どれだけ神経を使っても能力を発揮することはできません。

 

視線におどおどし続ける状況は、自分や他人に対しても迷惑をかけることになります。

視線恐怖症の人にオススメなサイト

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com