途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

玉掛け技能講習のテストに一発で合格するための3つのテクニック

f:id:cgef:20181204222231j:plain


*この記事では、玉掛け技能講習のテストに一発で合格する方法をお伝えします。

 

玉掛け技能講習のテスト本番の合格率は、正式な数字のデータは公表されていませんが、およそ95%を上回るくらいです。

 

不公平ではありますが、国家資格であるにも関わらず教習所によって難易度の差がありまして、厳しい所ですと10人に1人くらいの割合で不合格となります。

 

試験に合格するためには、筆記試験と実技試験の両方にクリアする必要があります。

 

筆記試験については、講師の授業をしっかり聞いておけば、合格点をとることは比較的簡単です。

 

仮に、筆記試験の点数が足らなかったとしても、実技試験さえクリアすれば、再テストのチャンスが与えられます。

 

逆に言うと、実技試験が点数に足らないとただちに試験が不合格となり、受験料をもう一度払い直して、別の日程で受講する必要があります。

 

しかし、たった一回の実技試験が失敗したからといって、仕事の適性を判断できるものではありません。

 

そのため、この記事では、玉掛け技能講習の試験を一発でサクッと合格するための3つのテクニックをお伝えしていきます。

www.hatanomi.com

周囲の人とコミュニケーションをとる

f:id:cgef:20181204222259j:plain

玉掛け技能講習試験に落ちる人のに多いのは、一人で講習の会場に来ており、休憩時間にも一人で過ごしていることです。

 

会場には、建設業界を中心として幅広い年齢層の人が来ますが、多くは会社の人と一緒に来ています。

 

ペーパーテストの試験の場合では、一人で過ごしたほうが集中力が高まり、良い結果が出やすいです。

 

しかし、実技試験のような不安と緊張感が強くなる試験の場合は、コミュニケーションがとれる知人がいたほうが圧倒的に実力を出しやすいです。

 

そのため、一人で試験を受ける必要がある人は、同じように一人で来ている人と仲良くなることをオススメします。

 

試験本番は、同じ日程になった人達の前で、玉掛けをすることになります。

 

自分以外の人が全員知らない人という状況は、意外としんどいものがありますので、本来の能力を引き出せない可能性が高まります。

前日は睡眠をしっかりとる

f:id:cgef:20181204222321j:plain

玉掛け技能講習の実技試験は、一般的に難易度が低いとされていますが、覚えるべき合図や手順はかなり多いです。

 

本番前の練習時間は5時間以上ありまして、講師に直接キツくダメ出しをされたり、他人が練習する動きを見ながら詰め込み式で覚えていく形をとります。

 

最初は、慣れない動きに大変さを感じると思いますが、数時間も玉掛けだけに集中すると、体が勝手に覚えるようになります。

 

そのため、長い時間の間を集中できるコンディションにして、練習に臨むことが何よりも大事なことです。

 

睡眠不足の状態だったり、二日酔い気味だと、記憶力が一時的に低下していますので、手順を間違って覚える可能性が高まります。

 

本番の試験で求められていることは、動作の意味を理解することよりも、言われたことをちゃんとできることです。

仕事場でワイヤーロープやフックに触れてみる

玉掛け技能講習に合格していないと、クレーンのフックにワイヤーロープを引っ掛ける動作はできません。

 

それでも、ワイヤーロープに触れて重さを体感したり、フックの部分を触り構造を理解するだけでも、試験当日の緊張度がかなり違ってきます。

 

人は知らないことばかりの状況ですと、不必要なところまでに不安を感じてしまいます。

 

そのため、玉掛けに必要な道具に触れたり、会社の人が荷をどうやって吊っているかしっかり見ることをオススメします。

 

事前知識が少しでもあれば、本番前の練習時間に理解を深めながら動作を覚えていくことができます。

一発で合格するテクニックまとめ
  • 一人で来た場合で必要以上に緊張するときは、同じように一人で来た人とコミュニケーションをとるようにすることで、不安感を抑えることができる
  • テスト本番当日は、長時間で詰め込み式で動作を覚えていくため、集中力を保てるよう身体のコンディションを整える必要がある
  • 知らないことばかりだと、余計なことにも不安を感じるようになるため、仕事場で前提となる知識に触れておく

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com