途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

イケメンと美女に内向的な人が多い意外な3つの理由とは!?

f:id:cgef:20181118010851j:image

この記事では、イケメンと美女にも内向的な人が多い3つの理由と、彼らの心理についてお伝えします。

 

さまざまなコミュニティー内で、顔立ちはとても良いけれでも、控えめで内向的なイケメンや美女が存在します。

 

彼らのほとんどは、驚くほど人当たりがよく性格も良い傾向があります。

 

しかし、内向的な性格のおかげで、さまざまなチャンスを逃してしまうシーンを何度も目撃してきました。

 

外交的な性格を持ち容姿が良い人は、そうでない人と比較して何十倍もさまざまなチャンスに恵まれます。

 

にもかかわらず、彼らはなぜ内向的な性格の持ち主であり続け、目立つことを避けるようになるのでしょうか。

 

イケメンと美女は、容姿が良いことと引き換えに、普通の人が抱えない悩みを抱えるケースがいくつかあります。

顔が良い人が嫌いな人の存在

f:id:cgef:20181118011138p:image

容姿が優れている人を見ると、羨ましいといった感情の他に、顔が良いだけでムカつくといったネガティブな感情を持つ人がいます。

 

嫉妬の感情を持つ人の負のエネルギーはとても強く、さまざまな手を使って評判を落とそうとします。

 

容姿が良い人を引きずり下そうとするのは、男性より女性の方が多いと考えられがちですが、男社会にもモテる男を激しく嫌う人はいます。

 

むしろ、攻撃性の観点でいえば、男性の方が陰湿で激しいものがあります。

 

そういった人は、どのコミュニティにも一人は必ずいるものでして、イケメンと美女はどす黒い感情をぶつけられて人間不信になりやすくなります。

 

人間不信になった彼らは、新しい人間関係を作るのに控えめになり、本当の気持ちを抑えて内向的な性格を形成していきます。

 

このタイプの人は、周囲の環境に恵まれていない運の悪い人といえます。

周囲の期待が高すぎる

f:id:cgef:20181118011606j:image

顔が良い男女は、運動や勉強も人より出来ることが期待されます。

 

容姿が良いこととその他の能力には、本来何の因果関係が無いにも関わらず、人はその人を全体的に優れていると判断します。

 

また、日常のささいなシーンにおいても気を抜くことが許されず、基本的に人物評価は減点方式です。

 

プラスな属性があったとしても、加点になりにくいのが彼らの生きずらさの原因の一つです。

 

そして、周囲の期待と彼らが実際に持っている能力に大きな差がある場合、本人はギャップが埋められないことに苦しむことになります。

 

そのような美男美女は、相手にがっかりされることを恐れて、成長の過程で人との接触を減らすようになってしまいます。

視線恐怖症になってしまう

f:id:cgef:20181118011633j:image

イケメンと美女は、幼いころから容姿を注目され、人の視線を常に浴びる日常を送ることになります。

 

普通の人よりも早い段階で顔が良いことのメリットを把握して、容姿を人一倍磨くようになります。

 

彼らの立ち居振る舞いがいちいちかっこいいのは、常に人の目を気にして見せ方を考えてきた努力の結晶なのです。

 

しかし、彼らの中には、他人の目線がストレスにしかならない人もいます。

 

常日頃から視線を浴び続けると、街中や喫茶店などで一人でゆっくりしたい時に、「もしかしたら今人から見られているんじゃないか」と錯覚する瞬間があります。

 

こういったスイッチが入ってしまうと、視線恐怖症が発症して他人の視線がより苦痛なものになってしまいます。

 

視線を極度に浴び続けると、必要以上に自意識過剰になってしまうのです。

 

視線恐怖症は、基本的に他人の視線を必要以上に気にすることで発症する神経症です。

 

そのため、イケメンと美女は人一倍神経症にかかるリスクがある可能性があります。

 

彼らの対策としては、あまり目立たない服装をしたり、メガネをかけるなどして他人からの視線を減らしていく方法が考えられます。

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com