途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

【実践的】飛蚊症でパソコンの仕事が辛いときの最強の対応策

f:id:cgef:20181112225705j:plain

飛蚊症の症状を訴える人は、ひと昔前と比較して劇的に増加しております。

 

増加している理由は、スマホやパソコンなどのディスプレイで、目を酷使する人が増えたためです。

 

目の視力が低下すると、眼球の前後の長さが長くなります。

 

形の変化に伴って網膜がはがれ落ちていきますが、それが硝子体に浮かんだものが飛蚊症の原因になります。

 

飛蚊症は、まさに現代病ともいえる症状ですが、何年も前から仕事でパソコンは必需品となっています

 

そのため、仕事をする中で真っ白なモニター上を揺れ動く影に悩まされて、仕事が辛く感じる人が多いと思います。

 

そこで、この記事ではパソコンの仕事が辛い時の、3つの対応策をお伝えしていきます。

モニターとできる限り離れる

パソコンでの仕事では、集中する時間が長くなると、つい姿勢が崩れてしまう人が多いかと思います。

 

しかし、モニターと近いほど目のピント調節機能を酷使することになるため、目が疲れやすくなります。

 

疲れ目の状態が続き眼精疲労になると、集中力が切れやすくなり飛蚊症の症状がより気になるようになってしまいます。

 

さらに、モニターと距離をとることで遠くから画面に焦点を合わせることが可能となり、飛蚊症の影にピントが合いづらくなります。

 

  • パソコン作業時には、目に負担をかけない姿勢を意識する必要
  • 遠くからモニターに焦点を合わせることで、飛蚊症にピントが合いづらくなる

 

モニターの照度を落とす

モニターの光が強いと、それだけ飛蚊症が目立つようになります。

 

なぜなら、症状として自覚できるアメーバ、糸くず状の形のものは、外から取り込んだ光の影として網膜に映るためです。

 

人の影が日差しが強い時に色濃くなるのと同じように、飛蚊症の影も眼球が取り入れる光の量が多いほど、目立つようになります。

 

そのため、モニターの照度を適度に落とすことは、症状を軽減させるためにかなり有効です。

 

気をつける点は、照度を限界まで下げてしまうと、文字が見えづらくなり、疲れ目を引き起こす危険性があることです。

 

飛蚊症が少し気になるようでも、照度をある程度保つことで、疲れ目により集中力が低下することを予防できます。

 

  • 飛蚊症は目に浮かぶゴミの影であるため、光が多いほどはっきりと目立つ
  • モニターの照度は、暗すぎても疲れ目の原因となるため、適度な調整が必要

 

ホットアイマスクの使用

飛蚊症が気になる始めたら、集中力が切れかけている証拠です。

 

集中したくてもできない状況で、モニターを見続けても仕事の生産性は上がりません。

 

そのような場合には、一時的に目をしっかり休める時間を作ることをオススメします。

 

10分程度時間を作り、目の疲れを癒すのに集中するだけで、その後の生産性はガラリと変わります。

 

即効性がある目の休め方としては、目のツボを押したり、ホットアイマスクをする方法などがあります。

 

特にホットアイマスクは、疲れ目を治すのと同時に、身体へのリラックス効果も期待できます。

 

症状により蓄積したストレスを解消する効果もあり、生活の質を劇的に向上させることができるアイテムです。

 

  • 飛蚊症で集中力が切れそうになったら、目の疲れを癒すことに集中する
  • ホットアイマスクは、疲れ目を改善する効果と視界不良によるストレスを取り除く効果を期待できる

 

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com