途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

【実践的】飛蚊症による眼精疲労を防ぐ3つの方法

f:id:cgef:20181108215009j:plain

 この記事では、飛蚊症の症状により眼精疲労になることを防ぐ方法についてお伝えしていきます。

 

飛蚊症が与えるストレスには、精神的なものと肉体的なものがあります。

 

精神的なストレスとして、糸くずやアメーバのようなものが見えることによって、視界が悪くなることなどが挙げられます。

 

肉体的なストレスは、症状に苦しむことで生じる頭痛、吐き気、めまいなどがあります。

 

飛蚊症によって頭痛などが生じる理由は、目が眼精疲労の状態になっている場合がほとんどです。

 

症状の原因となる眼球の濁りが直接の原因になるわけではありません。

 

症状を目で追うことで脳に大きな負担がかかるため、大きな肉体的ストレスが表れます。

 

それでは、実践的な飛蚊症による眼精疲労を防ぐ3つの方法について、それぞれ詳しくお伝えします。

www.hatanomi.com

飛蚊症の数を数えない

飛蚊症の症状は、気にすれば気にするほど気になる特徴があります。

 

悩んでも悩まなくても、症状の程度は変わりません。

 

そして、目で追って数を確認する行為は、脳に大きな負担をかけることになります。

 

なぜなら、糸状のアメーバのようなちらつきは、常に視界の中で揺れ動き続けるため、正確に数えようとするのが非常に難しいためです。

 

症状の原因となる影を追うのを止めるだけで、眼精疲労を防ぐ可能性を飛躍的に高めることができます。

アメーバに焦点を合わせない

f:id:cgef:20181030231126j:plain

黒い渦のような塊や糸くず状のアメーバの正体は、眼球の硝子体を浮かぶ網膜がはがれ落ちたものです。

 

たまたま、眼球の真ん中に浮かんでいるものだけが、脳に映し出されていきます。

 

そのため、アメーバに目のピントを合わせる行為は、通常の目の使い方と大きく異なります。

 

目のピント調節機能をフルに使うため、かなりの疲労が生じることになります。

 

疲れ目の時には、症状にピントが合いがちになってしまい、ついつい動きを追ってしまう人がいます。

 

ピントを合わせるほど、目の機能がそれに適応するようになり、無意識に自覚するようになる恐れがあります。

 

飛蚊症による眼精疲労を防ぐためには、症状の影が見えそうになっても可能な限り焦点を合わせない努力をしたほうが良いです。

ホットアイマスクを使う

長時間モニターの前に座ったり、明るい部屋で過ごす時間が増えると、どうしても飛蚊症による目の疲れが生じてしまいます。

 

意識して見ないように努力しても、見えてしまう瞬間が必ずあります。

 

そのような時は、すでに疲れが限界に達しており、目がSOSのサインを出していると考えてもよいです。

 

飛蚊症とうまく付き合っていくためには、体の休息と同レベルで目の休息を取り入れる習慣を持つことです。

 

家にいてリラックスする時間がある時には、症状のストレスにあまり悩まないはずです。

 

症状が邪魔に感じるときは、外出先で肉体的、精神的な余裕がない場合がほとんどです。

 

そのような時に、即効性があり目を十分に休ませることができるのは、ホットアイマスクを使用することです。 

 

暖かいものを目に当ててまぶたを閉じることは、肉体的、精神的に大きなリラックス効果があります。

 

市販のホットアイマスの製品は常に品質が向上していまして、より素早く、より長く使用できるように商品開発が進められています。

 

数年前と比較すると、同じ値段の商品でも1.5倍以上の長さの時間で使用できるものが増えてきています。

 

飛蚊症が生産性に与える影響は、とても大きいものがありまして、ホットアイマスクにより目の疲れを癒すことで飛躍的に能率を高めることができます。

www.hatanomi.com

まとめ
  • 悩んでも症状は変化しないため、数を数える行為は害があるだけ
  • 症状にピントを合わせる行為は、普段の目の使い方と全く異なる
  • ホットアイマスクを使うことで、症状を軽減さえることができる

 

www.hatanomi.com