途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

【環境の奴隷】住む場所で性格と思考が変わる3つの理由

f:id:cgef:20181103025605j:plain

この記事では、人生に閉そく感を感じていたり、住んでいる街がなんとなく合わない気がする方には、思い切って住む場所を変えることをオススメします。

 

慣れた暮らしを変えることは勇気がいることかもしれませんが、人生をより良くするために一番手っ取り早い方法といえます。

 

引っ越しをすると、会社やスーパーまでの距離が変わりますので、一日の時間の使い方が変化します。

 

また、新しく住む場所では、初めての出会いが増えていきます。

 

そして、生活スタイルが大きく変化するため、性格と思考法がガラリと変わります。

 

同じ場所で長く住めば住むほど、決断はより遠のいていきます。

 

そのため、少しでも引っ越しを考えている場合には、とりあえず不動産屋に物件を見に行くことをオススメします。

 

それでは、住む場所で性格と思考が変わる3つの理由をそれぞれお伝えしていきます。

www.hatanomi.com

人は環境の奴隷

住まいを変える決断がとても難しいのは、人間がデフォルト値を選びやすいという認知機能を持っているためです。

 

ドイツとスェーデンで臓器提供をする人の割合を調べた面白い研究があります。

 

ドイツは、たったの12%であったのに対してスェーデンが86%という調査結果が出ました。

 

この違いは、国の歴史や臓器移植への倫理観の違いが原因となるものでしょうか?

 

答えは非常にシンプルでして、人間には単純な側面があることが分かります。

 

ドイツでは、臓器移植したい人がチェックを入れて意思表示するのに対して、スェーデンでは、臓器移植したくない人がチェックを入れる必要がありました。

 

デフォルトで与えられた選択を選びやすいため、スェーデンの多くの人はチェックをせず、結果として臓器移植する意思表示をする人が多くなりました。

 

現在住んでいる場所は、長い期間をかけてデフォルトとなっているため、新しく住まいを変えるのは人間の心理的に難しいといえるのです。

 

だからこそ、別の場所に引っ越す好意は、自分の見えない檻を破ることになるため、性格と思考が大きく変化していきます。

新しい人と出会う

一日の半分はプライベートな時間とすると、住む場所が変わることで新しく出会う人との接点が増えていきます。

 

新しい自分がこれまでの人生で接点がなかった人と出会うことは、人生に彩りを与えます。

 

人が一番良い方向に変わるためには、尊敬できる優れた人に出会い、ポジティブな内発性が生まれたときです。

 

人生の質を向上させるためには、自分よりもレベルが高い人に囲まれることが最も重要です。

 

どのコミュニティに入るか見極める時には、その集団が「上りのエスカレーター」か「下りのエスカレーター」のどちらに乗っているかを一つのものさしとすると良いです。

 

上りのエスカレーターに乗ることができれば、勝手に自分のレベルも引き上がっていきます。

自分で変わろうと決意することには、あまり意味がありません。

 

人間は自分の想像以上に環境の奴隷でして、周囲の環境が同じであれば決意もすぐに消えてしまうことになります。

 

周りに尊敬できない人や周囲のコミュニティに違和感を感じたら、住む場所を変えて違うコミュニティに所属することをオススメします。

ファッションが変わる

ファッションが人の心理に与える影響はとても大きいものがあります。

 

カジュアルな服とフォーマルな服に身を包んだ場合では、身の引き締まり方が全く異なってくるかと思います。

 

新しい好きな街に住むと、そこの住民の人の身なりに注目がいき、普段着を見直すようになります。

 

オシャレな人が多く歩いている街であれば、自然に自分もオシャレを楽しむ機会が増えていきます。

 

都市で暮らすメリットの一つとして、普段着でも人の目線を気にするようになるため、それだけファッションセンスが磨かれることになります。

www.hatanomi.com

www.hatanomi.com