途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

工場勤務は人間関係の悩みから解放される最高の働き方

f:id:cgef:20181031222228j:plain

この記事では、工場で働くという選択肢を考えている方に向けて、人間関係の悩みから解放される最高の働き方であることをお伝えします。

 

世の中には様々な仕事がありますが、働く上で一番のストレスとなるのが人間関係になります。

 

ストレスには、良いストレスと悪いストレスがあります。

 

能力以上の仕事を与えられたり新しい分野に挑戦することは、良いストレスといえます。

 

仕事での成長が望める緊張感あるストレスは、メンタルを病んで休職したり会社を退職する直接の原因となりません。

 

サラリーマンが心療内科に行くほとんどの理由は、上司や同僚との関係に悩んだ結果です。

 

安定はしていますが絶対に身動きできない身分だからこそ、これから先変わらない未来に絶望して医者に駆け込むのです。

 

そもそも、会社という枠組みの中で、生まれも育ちも違う他人と同じ方向を目指すため、メンタルを病む人が一定数表れても不思議ではありません。

 

安定した企業勤めという選択は、常に人間関係に深く悩み続けることが確定します。

 

パワハラモラハラ上司が表れて、精神的に身動きがとれない地獄に陥る恐怖と向かい合わせになることでもあります。

工場で働くという選択肢

人間関係の悩みは、価値観が合わない人とのコミュニケーションがうまく取れないことから生まれます。

 

仮に意思疎通ができても、価値観が合わないとストレスを蓄積しながら働くことになります。

 

工場で働くことになると、勤務時間の8割以上は機械に向かい続けることになります。

 

休憩時間以外は、人とコミュニケーションをする時間がほとんどありません。

 

無駄な会話をしないで黙々と作業をこなしていくことで、職場で認められるようになります。

 

工場でライン工の仕事をする場合、価値観の違いによって争いが生まれることは少ないです。

 

なぜなら、仕事に対して不満があっても、機械は一定の速度で動き続けるだけだからです。

 

工場という空間は、上司の代わりに機械が人の動きを決めていく特殊な場所といえます。

尊敬できる上司の存在

ライン工の仕事で一番求められることは、機械を相手に素早く仕事をこなしていくことです。

 

一般企業のように、窓際社員や全く仕事ができない人が上司のポジションに居座ることはできません。

 

存在だけで周囲に大きなストレスを与える働かないおじさんがいないのです。

 

業界全体の動きとして、職場の労働環境も常に良くなってきています。

 

そのため、職場の上司は、自分の部下が怪我をすることにとても敏感です。

 

高圧的な態度をとることで部下が委縮して、機械で怪我をすることを恐れるため、温厚な人が評価されていきます。

 

厳しい上司もいますが、仕事に必要な緊張感を与えているだけでして、悪意が入り混じったパワハラは極めて少ない職場といえます。

飲み会が少ない

f:id:cgef:20181018110526j:plain

工場で働く人たちに共通していることですが、平日夜の飲み会が少ないです。

 

一つには、地方にある会社の場合、車通勤が多いことが理由にあります。

 

また、社会人が飲み会をするのは、様々な建前がありますがコミュニケーションを促進することが一番の理由です。

 

営業系の会社に飲み会が多いのは、コミュニケーションが売り上げを上げる一番の手段であるためです。

 

一方、工場の売り上げは機械が生み出す製品ですので、社員同士のコミュニケーションの質を高めていっても底が見えます。

 

そのため、社員間の会話を活性化しようとする働きがあまり起こりません。

プライベートと仕事のメリハリがある職場

ラインの機械が止まると自動的にできる仕事がなくなります。

 

当たり前のようなことですが、オフィスで働く社員とは真逆の働き方になります。

 

オフィスでパソコンに向かって働いていると、やる仕事がなくてもだらだら仕事をしているフリができます。

 

残業代を稼ぐために仕事をスローペースでこなし、仕事とプライベートの境目があいまいな人がとても多いです。

 

工場で働くという選択は、仕事は時間内でキッチリ終わらせて、余暇の時間を自分の趣味にどっぷり使いたい人にオススメできる選択肢です。