途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

工場勤務で失敗しない人間関係の作り方

f:id:cgef:20181017215736j:image

この記事では、工場へ勤務する予定がある方やすでに働いている方に向けて、人間関係を円滑にするコツを紹介しています。

 

どの業界、職種で働くことになっても、人間関係が悪ければ仕事に行くのが嫌になります。

 

好きな仕事でも、上に嫌な上司がいたり嫌いな同僚に囲まれているとストレスで一杯になってしまいます。

 

工場で働く上で気をつけなければいけないことは、世の中で底辺と呼ばれるような人達の存在です。

 

手先が器用で普通の理解力の持ち主であれば、言葉のマナーや私生活がめちゃくちゃな人でも働いていけるのが工場の実態です。

 

対人能力が最低レベルでも勤まるのが、工場での仕事です。

 

それでは、そのような人たちを相手に、表面上は良い関係を作っていき低ストレスで仕事ができる環境を作る方法を詳しくお伝えしていきます。

ウソをつかない

f:id:cgef:20181017215748j:image

工場勤務では、通常午前10時と午後3時にまとまった休憩時間があります。

 

会社に新人や中途採用の人物が入社すると、必ずその人の話題で持ちきりになります。

 

入社してから最低でも3カ月程度は、色々な角度から話題に挙げられることになります。

 

会社に溶け込むために一番やっていけないことは、小さなウソをつくことです。

 

入ったばかりだと色々な人に様々な質問をされるため、ついくだらないウソをついてしまう人がいます。

 

しかし、休憩時間に先輩社員の中で新人の話に矛盾があると判明すると、途端に人間関係を構築していくことが難しくなります。

 

人は警戒している相手がウソをついていると分かった時には、すぐに距離をとり離れていきます。

 

一度嘘つきというレッテルを貼られると、挽回して信頼を回復するのはとても難しいことになります。

自然体でOK

工場が立地するのは、都市部から離れた人が少ないエリアです。

 

そのため、雑談の話題がレジャーやおいしい店などの話よりも人のうわさ話が多くなります。

 

また、人が少ない分私生活の面でも思わない瞬間に、会社の人に目撃されているということが考えられます。

 

その時に、会社で話していたことと矛盾するような行動を見られていたら、悪い噂はすぐに広まり信頼がなくなります。

 

人は他人に対してレッテルを貼る生き物です。

 

正しいか悪いかは別にして、一貫性がある姿に親近感と信頼感を覚えます。

 

そのため、自分を取り繕うのはやめて自然体で仕事に取り組んだほうが、結果的に人からの信頼を集めやすくなります。

派閥に入らない

f:id:cgef:20181017215915j:image

工場では、一般的な大企業に存在する派閥のようなものはあまりありません。

 

基本的に仕事は与えられていくもので、自ら新しいものを立ち上げるようなことはあまりないため、部署間での対立が起きにくいのが理由です。

 

しかしながら、どの工場でも薄氷のような見えない派閥は存在しており、どの人と仲良くなるかについてはとても慎重になるべきです。

 

派閥に入ることで一時的な安心感は得られますが、様々なタイミングで人間関係の調整役を求められるため、大きなストレスがたまることになります。

 

自分の仕事を早く覚えて、可能な限り派閥に入らないようにすることで、飲みの付き合いや底辺とつまらない会話をする時間を削れます。

 

派閥の隙間にゆるりと存在することで、プライベートの誘いを軽くかわしていくことができます。

パチンコと風俗にハマる底辺層

工場労働者は、パチンコや風俗に依存する人がとても多いです。

 

そのような人は、自宅と工場と低俗なお店だけで生活が完結しています。

 

彼らの世界観はとても狭いため、自分を分かりやすい人間としてアピールしていき、ある程度話を合わせる努力も必要です。

 

あまり深く立ち入ると、低俗な娯楽の魅力に取りつかれることになります。

 

ギャンブルと風俗は、一時の快感がものすごく高いものがありますが、数年後には時間と大金を失った事実に向き合うことになります。

 

ギャンブル中毒で借金に苦しんでいる人が意外に多いのが工場労働者です。

底辺の輩への対処法

f:id:cgef:20181017215842j:image

微妙な距離感をとりたい人でも、仕事上での付き合いがあったりすると本音を隠しコミュニケーションをとる必要があります。

 

スルーしてよければそれでよいのですが、適度に相手をしなければ相手の怒りを買い、あることないこと言いふらされる恐れがあります。

 

どれだけ服装やマナーが駄目な相手でも、上から目線の態度を出すことはNGといえます。

 

また、最初から腰が低い相手は、特に要注意といえます。

 

妙にへりくだっている背景の心理には、自尊心が低く他人を引きずりおろして自分の優位性を保ちたい気持ちがあります。

 

どうしても絡まれて仕方がない時には、思い切ってまともな人たちで構成される派閥に入ることをオススメします。

 

悪質な人間から逃れるために、非常手段として別の人間関係のつながりを強くするのです。

 

工場での人間関係は、根本的にとても薄いつながりですので、時間がたつと様変わりしていきます。

 

タイミングさえ合えば、派閥から抜け出すのも比較的容易なことです。

 

一時の嵐を逃れるためには、自ら派閥に入ることも選択肢の一つとして十分に考えらます。