途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

【即効性大】飛蚊症による目のかすみを目薬で改善

f:id:cgef:20181016233125j:image

飛蚊症が与えるストレスは、人間が日常生活を送る上で受ける様々なストレスの中でも特にメンタルに与える影響が大きいです。

 

仕事や読書をするシーンで、集中したいのに目の前を揺れ動く黒い影のせいで、深く集中出来ない人が増えています。

 

しかしながら、大変残念なことに現時点では、飛蚊症を軽減する治療方法は存在しません。

 

抜本的な治療方法として、硝子体の混濁を直接レーザーで照射する方法があります。

 

しかし、実績がある医者が不足しており、特に生理的飛蚊症に対しては効果がハッキリ表れないというデメリットがあります。

 

www.hatanomi.com

 

そのため、日常で臨機応変に対策してストレスを低減させる必要があります。

 

どうしても症状が辛い時には、飛蚊症による目のかすみを目薬で改善することができます。

目薬でピント調節機能を高める

飛蚊症の一番の対策法は、睡眠をしっかりとり目の疲れをとることで、ピント調節機能を回復させることです。

 

仕事がハードで睡眠時間が少なくなったり、眠りが浅いまま起きた日は、見たいものにピントを合わせる目の力が落ちているため、翌日の症状がひどく感じるようになります。

 

硝子体を浮かぶ混濁は、視界から近距離の位置に目の焦点を合わせることで、ハッキリと見えるようになります。

 

パソコンや読書をしている時に症状が表れやすいのは、飛蚊症の影が見えるくらい近くに目の焦点距離を合わしているためです。

 

ピント調節機能が落ちていると、ゆれ動く飛蚊症の影に視線が集中してしまいがちです。

 

そのため、目薬を使ってしっかりと焦点を合わせるためのピント調節機能を回復させなければ、症状がひどくなる一方です。

即効性のある効果

目薬の種類は豊富にあるため、自分に合ったものを見つけるのは至難の業です。

 

選ぶ基準は、何回使用しても目に負担がかからず、ピント調節機能を回復するのに特化しているものです。

 

あくまで一時的に目の視る力を上げるドーピングのようなものですので、睡眠不足である限り根本的な治療法とならないことに十分注意したほうがよいです。

飛蚊症対策の目薬を選ぶ基準
  • 1日に複数回使用したいため、涙液に近い成分で構成され目に負担が少ないもの
  • 一時的に弱まっている目のピント調節機能を回復させたいため、その効果を期待できるもの

ソフトサンティア

ソフトサンティアは、涙液に近い性質を持った人工涙液を使用しており、涙が不足してドライアイ気味の人にオススメです。

目のピント調節機能を直接回復させる成分は含まれておりませんが、疲れ目を軽減させることができるます。

 

そのため、本当に見たいものだけに集中することで、飛蚊症の影響が少なくなることが期待できます。

 

筆者も長年利用しており、発売時からずっとベストセラーの商品です。

 

コンタクトレンズ使用者も使える目薬です

 マイティアピントケアEXマイルド

マイティアピントケアEXマイルドは、目のピント調節機能を回復させるのに優れた商品です。

ピント調節機能だけでなく、目がかすんでいる時や目のかゆみ、結膜が充血している時にも重宝できる目薬です。

 

一本手元に持っておくだけで、気になる飛蚊症を瞬時に軽減させていく即効性ある効果を期待できます。

 

*ハードコンタクトレンズには使えますが、ソフトコンタクトレンズを使用する人を対象としていません。

睡眠の確保が最優先

目の疲れは、睡眠をとることで十分に回復させることができます。

 

目を閉じてリラックスするだけでも効果はありますが、脳が起きている状態だと睡眠時より回復が遅れます。

 

そのため、ピント調節機能を回復させ飛蚊症を軽減するためには、ベッドタイムにどれだけ深く眠りに入ることができるかが重要です。

 

ベッドに入ってからもスマートフォンを触ったり、深夜までPC作業をする現代人が増えたため、飛蚊症の症状を訴える人が激増しています。

 

日中に快適な生活を送るためには、一時間でも就寝する習慣を身に着けることをオススメします。

 

目薬はあくまでも睡眠があまりとれなかった場合の保険として捉えて、睡眠の質をこだわるように生活習慣を見直すのがよいです。