途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

ねじがつぶれて(なめて)しまったら、最強の工具ネジザウルスの出番!

f:id:cgef:20181014201440j:plain

製造系の仕事に就いている方以外は、普段あまりドライバーを触りネジを閉めたり緩めたりすることは少ないと思います。

 

そのため、久しぶりにネジを閉める作業をしたら、ねじをなめてしまい途方にくれる経験をした方は多いと思います。

 

なめてしまったねじを取る方法はいくつかありますが、どれもコツがいるものでして初心者が手軽に試せるものは極めて少ないです。

 

しかし、この記事で紹介するネジザウルスという工具は、普段工具をあまり触らない人にも簡単に扱うことができて、潰れたネジも外していくことができます。

 

あまり世の中に知られていない製品ですが、様々な用途が期待できる優れた工具ですので、特徴を詳しくお伝えしていきます。 

最強の工具、ネジザウルス

つぶれたネジをネジザウルスを使って取り外す方法は、ネジの頭を挟み込んで緩めていくことです。

 

プラスのドライバーよりも、ネジの全体に指の力がしっかり伝えられるので、さびや変形して折れ曲がったねじなども、容易に外すことができます。

 

ラジオペンチのような工具でも挟み込んで外すことができますが、ガッチリつかむことができなかったり、力を加えるのが難しかったりして余計にネジをつぶしてしまう危険性があります。

 

そこで、もしネジがつぶれてしまったら、ネジザウルスという工具をオススメします。

 

むやみやたらに触ったところで、取れるネジも取れなくなってしまう危険性があります。

 

ネジザウルスは、ガッチリ掴むことに特化した工具ですので、ねじの頭の部分が腐食していたり、小さく掴みにくいものであっても、しっかり挟み込める利点があります。

ドライバーが入らないところでも使える

f:id:cgef:20181014202007j:plain

ドライバーでネジを緩めるときは、ネジに対して垂直に反時計回りで回していく必要があります。

 

しかし、外したいネジがあっても、ドライバーを入れて作業するスペースがない状況も考えられます。

 

その場合には、やはりネジザウルスがとても役に立ちます。

 

ネジに対して横のスペースから挟み込んで回すことで、狭い場所にあるネジも外していくことができます。

2つのデメリット

ネジザウルスのデメリットは、強い力で挟み込むためネジが傷つくことです。

 

ネジを再利用する必要がある時には、使用を控えたほうがよいです。

 

また、木製の家具などでよく使用される皿ビスに対しては、ネジがつぶれても挟み込むネジの頭が弱いので、工具を使用することが困難な場合も考えられます。

小さな部品の引き抜きなど用途が多彩

部品をいろんな角度からしっかりつまむことができるため、その用途は無限大の可能性があります。

 

例えば、とても細かい場所にある小さな部品を引き抜きたい場合に、とても役立たせることができます。

 

製造の仕事をしている人の中でも意外と知られていないのが、この工具の特徴です。

 

一本買っておくと、様々なシーンで使い倒すことができるので、コストパフォーマンスがとても高い商品といえます。