途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

朝に筋トレすると1日の生産性が劇的に向上する話

朝に15分の筋トレ

f:id:cgef:20181008214933j:plain

この記事では、朝起きてすぐに筋トレを15分程度行うだけで、1日の生産性が劇的に向上していくライフハックをお伝えします。

 

最近男女問わず筋トレがかなり世の中で流行っていますが、その理由にはカッコイイ体になりたいという欲求をまず挙げることができます。

 

その他に、メンタル面に与える影響が良いことに、多くの人が気づき始めたのが流行の本質的な理由です。

 

筋トレは、自らの意思で筋肉に負荷をかけていくことになるため、トレーニングを乗り切った後は、体がスッキリして己の力でやり遂げていったという自尊心が高まります。

 

そして、鍛えた筋肉というものは仕事やプライベートで逆境があり、仲間に裏切られることがあったとしても、筋肉があなたを裏切ることはありません。

 

己の筋肉を精神安定剤として、人生の困難に立ち向かっていくことを推奨しているのがテストステロン氏です。

この書籍の中では、グローバル企業の役員クラスが早朝にハードなトレーニングをする習慣があることを紹介しています。

 

競争が過酷で時間にもタイトな役員達が時間を削ってまで、朝にトレーニングするエピソードには驚かされました。

 

そこで筆者も、朝に自宅で15分程度の筋トレの習慣を身につけることにしました。

 

それでは、朝に15分程度筋トレを行うことで、1日の生産性が劇的に向上する理由について詳しくお伝えしていきます。

眠気が覚める

たっぷり睡眠をとることができればよいですが、あまり深く眠れなかった翌朝は、まぶたが重くぼやっとした無駄な時間を過ごすことになります。

 

しかし、そのような状態になったら、始めのうちは慣れないのでしんどいと感じると思いますが、すぐに筋トレの体勢に移ることをおススメします。

 

色々試す中で、腕立て伏せが一番手軽に取り組むことができて、最も眠気覚ましに即効性があると考えております。

 

10回も腕立て伏せをしたら、眠気はほぼ消え去ります。

思考がクリアになる

筋トレをやった後は、頭の中がスッキリして、思考がクリアになります。

 

身体とメンタルの状態は、相関関係にありまして、筋トレすることで頭の働きも劇的に活発化して、午前中の生産性が劇的に向上することを期待できます。

 

また、気持ちがポジティブ思考となり、一日仕事に没頭していく気持ちが心の底からふつふつと沸き、気持ちよく仕事のスタートを切ることができます。

他人よりすでに1日のスタート早い優越感

オフィスに向かう途中にすれ違うビジネスマンを見て、自分は既に朝から体を鍛えてきたんだという謎の優越感を感じることができます。

 

1日のスタートから濃密な時間を過ごしたという自負は、自尊心を高める働きがあり、ビジネスにもメリハリが効いたスピード感がある仕事に取り組めるようになります。 

 

時間を有効活用する習慣は、日常の仕事の取り組み方を改善していく気づきが得られます。

腕立て伏せがかなりオススメ

朝の筋トレには、腕立て伏せをおススメします。

 

マシンをセットする必要がなく、手軽にできて呼吸が軽く乱れるくらいのちょうどいい負荷のトレーニングであるからです。

 

腕立て伏せのあまり知られていない効果ですが、猫背を解消するにはとてもいいトレーニングです。

 

胸筋を鍛えると、胸が前に張り出すようになるため、猫背の姿勢が逆に苦しくなるようになります。

 

姿勢に悩んでいる人は、筋トレを行うことで矯正することができるケースが非常に多いのです。

朝筋トレまとめ
  • 眠気が一瞬で覚めるので起きたら腕立てしよう
  • 身体と心の調子は相関関係にあるため、ポジティブさとやる気がみなぎってきます
  • 他の人より一日のスタートが早くきれているという万能感にひたることができます