途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

ホットアイマスクで飛蚊症による目の疲れを癒す

f:id:cgef:20181004202933j:plain

この記事では、飛蚊症による目の疲れをホットアイマスクを使うことで解消するライフハックを紹介します。

 

睡眠不足だったり、長時間モニターを見続ける作業をすると飛蚊症が目立つようになります。

 

目が疲れているときには、黒い影をつい追ってしまい、余計に目を酷使してしまいます。

 

目という器官は、一度疲れを感じ始じめるとなかなか違和感が消えず、症状を意識し続けてしまうことになります。

 

飛蚊症によるその目の疲れは、ホットアイマスクを使うことで、仕事場や学校などの外出先でもすぐに解消できます。

心もリラックス

目の疲れを解消するためには、色々な方法があります。

 

目の周辺のツボを押すことや遠くの景色を見ることで、ホットアイマスクと同程度の効果が期待できます。

 

しかし、これらの方法は、人によってコツを掴むために時間がかかります。

 

さらに、自らの意思で自己完結する行為ですので、習慣化するのがかなり難しい場合があります。

 

市販のホットアイマスクは、開封したらすぐに温まるものがありまして、30秒くらいで両目の疲れを癒し始めることができます。

 

また、目を強制的にマスクで覆うことで、神経を休めることにも集中することが期待できます。

 

目を閉じて一時休息する時間を作る効果は絶大でして、眼球の疲労だけでなく心もリラックスできます。

飛蚊症への具体的な効果

ホットアイマスクによって、目のピント調節機能を回復させることができます

 

症状は、近距離の空間に目の焦点を合わせてしまうことで自覚されます。

 

人間の目の視線が定まる位置は、無意識のうちに決まっていきます。

 

疲れ目だと、視る力が落ちるため遠くよりも近距離に目線が落ちます。

 

アイマスクをすることで、鈍っていた目のピント調節機能を回復することが期待できます。

 

そのため、本当に見たいものへしっかりと視線が定まるようになり、症状があまり気にならなくなる効果があります。

 

ホットタオルでもOK

ホットアイマスクを一度使用してみると、その効果に想像以上に驚きます。

 

しかし、毎日使用することを考えると、コストパフォーマンスも気になってくるかと思います。

 

使い捨てのタイプですと、一枚あたり100円から150円のコストがかかります。

 

このコストを少しでも抑えたいときには、自宅でホットタオルを作ることをオススメします。

ホットタオルの作り方

ホットタオル作るのは、非常に簡単でして、電子レンジさえありば作れます。

 下記に、1分で簡単に作れる手順を紹介します。

 

①タオルを水に浸して軽く絞る

 

②電子レンジに入れて500Wで45秒間温める

 

以上で、5分以上効果が持続するホットタオルが出来上がります。

 

*水分量によって変わるため、庫内を覗きながら調整してコツを掴めばオーケーです

まとめ

  •  ホットアイマスクをすることにより、目の疲れだけでなく心もかなりリラックスできる
  • コストパフォーマンスが気になる場合は、手軽にホットタオルを作るライフハックを使う