途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

「人間関係は3種類」暇な人忙しい人を区別し捉えるライフハック

人間関係は3種類に区別できる

f:id:cgef:20180930122742j:plain

この記事では、全ての人間関係を3種類に区別して、人付き合いにおけるストレスの負荷を低減させる方法をお伝えします。

 

働かない上司や厳しく当たってくる上司が仕事場にいると、かなり大きなストレスになります。

 

本音の転職理由では、昔からずっと同じく職場での人間関係がランキング1位です。

 

生まれと育ちが全く違う赤の他人が集まって、組織として仕事を推し進めていくわけですから、どうしても性格的に合わない人と仕事をすることになります。

 

勤め人を卒業して自営業やフリーランスにならない限り、変わらないサラリーマンの悲しい宿命です。

 

そのため、今のしんどい人間関係を別の視点から見直してみる必要があります。

 

人間の属性を暇な人と忙しい人に分けてみます。

 

そうすると、全ての人間関係は、①暇な人×暇な人 ②暇な人×忙しい人 ③忙しい人×忙しい 人に区別することができます。

 

そして、人間関係の軋轢が起きるのは②番の暇な人と忙しい人の間です。

①暇な人×暇な人

仕事場で暇な人は、同じ暇な人を相手にしても衝突する事柄がないため、この組み合わせの二人の間には争い事が起きにくいです。

 

仕事に余裕がある人は、忙しい人が周りにいる場合に少し後ろめたさを感じています。

 

そのような人にとっては、同じように暇な人の存在が、安心できる材料となります。

②暇な人×忙しい人

この組み合わせが、人間関係がこじれる組み合わせとなります。

 

人に嫌がらせをするのは、時間を持て余している暇な人です。

 

仕事がないから、他人の足を引っ張るようなことを考え始めます。

 

反対に忙しい人は、他人に構っている余裕がないため、人に意地悪をする人が圧倒的に少ないです。

③忙しい人×忙しい人

この組み合わせは、人間関係のいざこざが一番起こりにくい組み合わせです。

 

忙しい人は、自分の仕事で手一杯なので、業務がスムーズになるような人間関係を構築するのを心がけます。

 

そのため、人の足を引っ張って仕事を遅らせるような人とは正反対のことを考えます。

全ての人間関係に使える

人間関係を3つに区別して、暇な人と忙しい人に分けて捉えることで、人付き合いの捉え方が変わってきます。

 

特に職場の嫌がらせは、暇人が仕事が充実している人への妬みや嫉みの感情が原因となっていることに気付くことです。

 

この分け方は、職場での人間関係ではなく家庭や親戚との関係の中でも、とても有効に使えます。

 

自分の中で一つフィルターをかけることで、冷静に人間関係を構築するステップを踏むことができるようになります。

暇人からの嫌がらせの対処法

赤の他人に嫌がらせをする暇な人は、他人の人生に介入してばかりで、自分の人生を生きていません。

 

そのような人の攻撃には、反応してしまうとより大きな悪意を向けられます。

 

傷ついた姿を見せるのは、炎上している状況に燃料を注ぐ行為です。

 

一番のシンプルな対策は、可能な限り距離をとって無関心な態度を決め込むことです。

 

どうしてもかかわる必要があるときは、徹底的に冷徹なまでにビジネスライクで話し合いを進め、相手に興味がないことを示しましょう。

 

時間がかかる場合もありますが、一貫して無関心な態度を取り続けるとやがて相手は離れていきます。