途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

飛蚊症が悪化する人が陥る罠と日常生活で気をつけること

飛蚊症の影を「あえて見ない」

f:id:cgef:20180906183346j:image

この記事では、日々のストレスの原因となる飛蚊症「あえて見ない」ようにすることで、劇的に生活の質が上がる秘訣をお伝えします。

 

ある日、突然現れる飛蚊症の症状に悩まされる人は非常に多いです。

 

青い空がアメーバのような物体でまともに見れなくなり、白い壁紙の部屋ではまともに集中力が保てなくなったりします。

 

眼科に行っても一種の目の老化現象であるため、治療の対象となりません。

 

さらに、飛蚊症を除去するレーザー器具を導入する医院は増えておりますが、網膜に近い部分にある濁りがレーザー照射の対象とならないため、十分な治療効果を期待できません。

www.hatanomi.com

現時点では、症状の原因となる目に浮かぶ黒い影を物理的に除去する方法は存在しません。

*硝子体手術によって100%近く改善するケースがあります。ただし、リスクが高いため、飛蚊症を理由に手術をする医者は国内で数名です。

 

そこで、この記事では飛蚊症が悪化する人が陥る罠と日常生活で気をつけるべきことをお伝えします。

ストレスと眼精疲労の原因

f:id:cgef:20180905234648j:image

黒い影に目の焦点を合わせて動きを追う仕草は、目を動かす筋肉を過度に緊張させます。

 

さらに、実生活においては視線を合わせない近距離の空間へ意識を集中させるために、普段使わない視神経を使うことによって、脳が多大なストレスの影響を受けます。

 

その結果として、目に眼精疲労の症状が現れます。

 

見たいものにピントが合わせづらくなり、遠くのもより近いものに目の焦点が合うようになります。

 

そして、作業の途中に集中力が途切れると、ついつい飛蚊症の影を追ってしまう負のスパイラルに入り込むのです。

追えば追うほどピントが合いやすい

パソコンや読書をした後に遠くのものが見えずらくなるのは、近い距離にピントが合うように、レンズを調節する役目がある毛様体という目の筋肉がこり固まっているためです。

 

人間の瞳は、長時間同じ距離でピントを合わせ続けると、それだけ調節する機能を回復する時間が必要となります。

 

飛蚊症の影を追ってしまったら、その時間の分だけ目のピントが影に一番合いやすい状態になります。

 

ざっくりした表現になりますが、仮に1分間影を追ってしまったとしたら、追うのを止めた後の1分間の間は、本当に視たいものにピントを合わせることが困難になります。

飛蚊症の影を見てはいけない理由まとめ
  • 普段使わない神経を使うため眼精疲労の原因となる
  • 眼精疲労によって集中力が下がり症状が気になる要因となる
  • 影を見ていた時間だけピント調節機能を回復する時間が必要となる

ピント調節機能を高める

f:id:cgef:20180905235044j:image

目のピント調節機能を高めるためには、心理的なアプローチだけではなく、目に良い栄養素をとる食事療法も非常に効果的です。

 

目によいとされる栄養素はたくさんありますが、中でもルテインはピント調節機能を高める効果があるとされています。

 

食卓に並べられる食物にも含まれる栄養素ですが、含有量が非常に少なくサプリメントから摂取するのが効率が良いです。 

ルテインの摂取により、確かにピント調節機能を高めることができますが、目の筋肉である毛様体の働きを良くするものではありません。

 

正確には、ものの明暗度がはっきりするようになり、ピントを合わせたいものがクリアになり、ストレスなく集中してものを見続けることができるようになります。

 

悩まないたった一つの方法

f:id:cgef:20180905234722j:image

飛蚊症の症状が気にならなくなるための知識を仕入れても、たった一つのことを実行しなければストレスから解放されません。

 

そのたった一つのこととは、この瞬間から飛蚊症の黒い影に焦点を合わせるのをキッパリやめることです。

 

 そして、黒い影や透明なアメーバ状のものが見えそうになったら、すぐに遠くに視線を合わせて焦点をずらすことです。

 

ピントを調節する毛様体が影に合わないように使えば、飛蚊症がはっきりみえることはありません。

 

本当に集中してみるべきものだけにピントを合わせていれば、うすくぼやけて見えるようになります。

どうしても気になる場合

f:id:cgef:20180905234731j:image

筆者は、高校生の大学受験勉強の時に症状を発症して以来、10年間重度の飛蚊症に悩まされていましたが、今でもストレスになる瞬間があります。

 

寝不足などによって集中力が落ちていると、ピント調節機能がうまく働かず無意識に動いている影に目で追ってしまうことがあります。

 

そのような場合は、筆者は眼球を全く動かさず重力で黒い影が視界からなくなるのを待つようにします。

 

この時には、全く目を動かさないのがポイントでして、見えなくなるまで視線を固定します。

 

そして、そのまま瞳を動かさないように気を付けることによって、読書やパソコン作業時には気にならなくなりました。

 

イメージとしては、影の原因となる濁りを目の底に沈殿させておく目の使い方をすることです。

飛蚊症に悩まない方法まとめ
  • この記事を読んだ瞬間から2度と黒い影にピントを合わせないようにする
  • どうしても見えてしまう場合は重力の力で視界から消えるのを待つ
  • 食事療法としてピント調節機能を高めるためルテインを摂取する

www.hatanomi.com