途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

イケメンの意外な悩みと人間関係の難しさ

イケメンの意外な悩みと人間関係

f:id:cgef:20180824214616j:plain

街を歩いていても、イケメンを見かけることは、非常に少ないです。

彼らの生態は意外と知られていなものでして、身近なイケメンにも外面に注目してしまうため、内面を深く知る機会は少ないです。

穏やかな人もいれば怖い性格の持ち主であったりもします。

その人の性格を知りたい場合には、どのように学校や会社で過ごしていくのかを考えてください。

この記事では、イケメン特有の悩みと考え方についてお伝えします。

基本的にマイナス評価

顔が良い男は、初対面だと色んな分野で優れていると感じます。

ほとんどのイケメンは、他人からそのような視線に晒されることを深く理解しています。

そのため、自分の能力以上の評価を受けないように、あまり目立たないように気をつけています。

他人からの期待と実力とのギャップを縮めるため、イケメンには控えめな性格の持ち主が多いです。

一般の人よりも、相手が自分の能力の低さにがっかりする瞬間を多く経験しています。

彼らは、自分の評価が、ほんの少しのことで急落する怖さを知っているのです。

イケメンの日常

イケメンは、基本的に失敗が許されません。

努力せずに好感度を得られることと引き換えに、常に注目される人生を送る必要があります。

そのため、本来の実力があまりないと、他人からの視線に苦しみ、視線恐怖症のようになってしまいます。

人生の色々な場面において、自分の評価と他人の評価のギャップに苦しむことになります。

意外な事実ですが、イケメンの引きこもりはとても多いです。

周囲の期待に応えられない自分に落胆し、傷付くのを避けるためです。

正のスパイラル

能力と自己顕示欲が人並みのイケメンはどうなるでしょうか。

イケメンであることを期待されるため、表情を作るようになり、表情筋が鍛えらていきます。

幼い頃から、自分の見せ方を考えて生活するため、イケメンはよりイケメンとなっていきます。

普通の男とイケメンに大きな差があると感じるのは、自意識過剰ともいえる根本的な生活スタイルが違うためです。

彼らの圧倒的なオーラは、何十年も人の目線を意識し続ける生活を送ることで、作られていくものなのです。

男の強烈な嫉妬

イケメンでも性格が良くて誰からも好かれる人物は存在します。

しかし、イケメン本人は、モテる男にキツくあたる男の怖さを知っています。

男社会では、本人のキャラがどれだけよくても、一部の男から強烈に嫌われていきます。

色々な人間関係の挫折を経験した結果、少数の人と狭く深く関係を構築していく人がとても多いです。

本物のイケメンは、同性からの嫉妬から逃れるため、絶対に女に好かれることを公にしません。

居場所がないイケメン

自分を孤独に感じているイケメンは、実はとても多いです。

その場に存在するだけで、羨望のまなざしと強烈な嫉妬を同時に浴びせられるため、自分から距離を取るようになっていきます。

イケメンとの距離感がなかなか掴めないのは、彼らが最初から一歩引いて人間関係を築いているためです。

その人と仲良くしたいのであれば、あなたも一歩引いた距離感で接すると、深い関係を築く入り口になります。