途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

初めての転職の面接で注意すること

 

 

f:id:cgef:20180813090435j:plain

社会人の面接が学生の面接と大きく違う点は、スキル重点的に問われることです。
学生は社会で通用スキルをまだ持ち合わせていないので、コミュニケーションの力と会社への強い想いを伝えていくことが合格への主要な道となりました。

そのため、自分が培ってきた経験とスキルをベースとして、それらを効果的に伝えていく方法を中心に考えるのが、転職活動をスムーズにするコツです。

そこでこの記事では、初めての転職の面接で気をつけることを3つお伝えします。

会社をネガティブに評価しない

今の職場やもう既に辞めた会社について、ネガティブな表現をするのは可能な限り避けるべきです。
面接官は、あなたを不満を口にしやすい人物と判断します。
仮に、パワハラやセクハラなど過酷な環境下があったとしても、積極的にその事実を伝えるのは避けるべきです。
なぜなら、そのような経験談は、あなたのスキルを判断するエピソードではなく、人柄がわかる出来事でもないからです。
面接官が知りたいのは、あなたの仕事上のスキルと人物像を把握して、会社のメンバーに馴染んで、利益に貢献してくれる人物であるかどうかです。
コミュニケーション能力の本質は、相手が求めていることを察知して、明確に答えることです。
面接という非日常のシーンでは、緊張感から自分が話したいように話してしまう傾向がある人が多いです。
あくまでも、面接官は、あなたのスキルと人柄を判断するために様々な質問を投げかけるのです。
面接官に対して、あなたという人間を売り込む判断材料を、積極的に提供していくことが大事です。

自分のできること、人柄が伝わるようなエピソードを交えて、質問に回答していく姿勢が重要となります。

経験談にひもづいた志望動機を作りこむ


社会人になると、条件で判断したり、人脈によって新しい会社を決めていく人が多くなるかと思います。
それでも、転職における面接では、昔と変わらず志望動機を聞く会社が多いです。
面接官は、あなたが会社で長年にわたって、会社に貢献してくれる人物であるかどうかを見極めようとしています。
そのため、会社研究の深さと志望度の高さを判断するために、志望動機を聞くのです。

志望動機は、面接官からの質問の中で、回答に苦労する質問になるかと思います。
あなただけが話せる志望動機は、会社人生をよく振り返り、新しい会社とマッチングするエピソードを盛り込むのがベストです。
体験に裏打ちされたエピソードは、あなたの本気度が十分に面接官に伝わり、志望度の高さをアピールできます。
前の会社と比較して、条件面が良いことを志望動機に含めるのは避けるべきです。
働く条件は、会社の業績によって日々変わりますので、景気が悪くなったら会社をすぐに去ってしまう人物と思われる恐れがあります。

初めての面接は慣れの場として割り切る

転職の面接は、学生の時の面接とはうってかわって、穏やかな雰囲気の中で行われのが殆どです。
殆どの会社は、ストレス耐性を試すような質問や、圧迫面接を行いません。
そのような会社は、社内にパワハラが存在し、抑圧的な雰囲気が流れ、離職率が高い会社である可能性が高いです。
あくまでも転職の面接は、社会人同士のビジネスの場として、お互いのマッチングの確認を取る時間です。
しかしながら、学生のとき以来の面接は、よほど面接が得意な人を除き、自分を最大限アピールすることは難しいと思います。
そのため、初めての面接は、面接に慣れる場として考えて、不合格の結果になっても引きずらないようにしましょう。
おおよそどんなことでも、新しいチャレンジは、3回やることで慣れていき、4回目で緊張から解放されるものです。
本命企業の前までに、別の会社で面接を受けて雰囲気に慣れていくことは、第一志望に入社できる最大と要因になります。
転職の面接では、どの企業も同じようなことをあなたに質問するでしょう。

どのような質問も、深く掘り下げていけば、スキルと人柄が問われているので、この二つが伝わるような回答をしていくべきです。