途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

工場勤務の7つのメリットと向いていない人の特徴

f:id:cgef:20180812101247j:image

工場勤務にどんなイメージがあるでしょうか。 

ライン作業のような単調作業であったり、空調が効いてなく、夏が熱く冬が寒いといったネガティブなイメージを持っている人もいらっしゃるかと思います。

そこでこの記事では、工場勤務実態とメリットと向いてない人の特徴を紹介します。

工場勤務の実態

工場勤務には、暗い、立ち作業が疲れるといったマイナスなイメージが先行するかと思います。

そのような職場も中にはありますが、外国人労働者の雇用者が増え、工場には多くの外国人が見られ活気がある会社が増えています。

そして、実際のイメージとは異なり、プライベートと仕事にメリハリをつけて仕事をする会社が多い業界です

7つのメリット

人間関係が煩わしくない

工場勤務では、個人で完結する業務が多く、チームプレイというより個人プレイの仕事が比較的多いです。

いろんな部署を巻き込んでプロジェクトを推し進めていく仕事は、大勢の人間との調整業務があり、人間関係が大変です。

特に、大企業においては、一つの書類を認可させるのに、様々な部署の承認が必要となります。

転職理由の1位は、本音のところでは人間関係になりますので、関係する人が少ない工場勤務は人間関係の煩わしさからくるストレスが少なく仕事に取り組めます。

黙々と作業できる

雑用がとても少なく、割り当てられた仕事に集中して取り組むことができます

慣れてこれば、自分のペースで仕事をすることができて、休日の予定をぼんやり考えながら作業に取り組むことができるようになります。

休憩がしっかりとれる

工場では、自分の不注意によって怪我をしてしまうと、会社から厳重注意されます。

労働災害は、複雑な手続きで処理する必要があり、ケースによっては、会社が労働基準監督署から処罰の対象となることがあります。

会社にとっては、一番に避けたいことですので、社員が怪我をしないように休憩時間を十分にとってくれる会社が多いです。

工場によって様々ですが、午前と午後に30分づつの休憩時間をとる会社が増えてきています。

職人気質の人が多い

工場には、ものづくりが好きな人の性格に多い、職人気質の人が多いです。

穏やかで面倒見がよく、自分の仕事にプライドを持って仕事をしている人は、意外に多数いらっしゃいますいらっしゃいます。

仕事の場においては、ゴマをする力よりも技術力が高い人が尊敬される人が多く、不公平感が職場に広がっていることは少ないです。

 

仕事のスキルを身につけたら職場で頼られる

同じ仕事をすることが多いですが、その仕事をできるのは、社内に1人しかいないといった仕事があるのが工場の特徴です。

そのような仕事ができるようになれば、社内で頼られる存在になりますし、自分で裁量権をもって仕事をしていくことが出来ます。

 

仕事を生み出す労力が少ない

あらかじめ仕事が割り当てられているので、仕事を作り出す苦しさとは無縁の働き方になります。

あらたなプロジェクトを作り出すのは、頭を非常に使いますし、様々な人間との対立が生まれ、大きなストレスとなります。

仕事は最初から与えられ、淡々とこなしていく仕事のスタイルがあっている人には、工場勤務の選択肢を考えることをおススメします。

 

工場勤務を避けたほうが良い人 

工場勤務は、営業職や設計職と異なり、向いている人と向いていない人がはっきりする職場ではありません。

 

集中力と根気さえあれば、たいていの人には務まる仕事です。

しかしながら、次の3つにあてはまる特徴の人は避けるべきです。

手先が器用でない人

ものづくりをする仕事なので、手先が不器用な人は避けるべき仕事です。

不器用でもできる仕事もありますが、必ず手先の器用さが必要となってくる場面があります。

新しい会社を探すには、自身の得意と不得意をしっかり認識して会社選びをするのが重要です。 

都内で働きたい

工場の多くは、地方に拠点があり、華やかな都会の雰囲気とは無縁の場所にあることが多いです。

平日の過ごし方は、基本的に家と職場の往復になります。

そのため、お金を使う場所がないため、貯金がたまりやすいというメリットがあります。

チームで働きたい

いろんな人を巻き込みながら、チームで働くことが好きな人は、工場勤務に向いていません。

工場での働き方は、このような働き方とは真逆であり、自分でコツコツ働くことが好きな人にお勧めしたい職場です。