途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

社員旅行に参加すべき理由と職務経歴書を日頃から書く大切さ

f:id:cgef:20180808234456j:image

あなたは社員旅行に行きたいでしょうか。

 

実際のところ、せっかくのプライベートを職場の人と過ごすことに、面倒を感じる人が多いと思います。

 

社員旅行を実施する会社は、年々減少していますが、いまだに全会社における48%を占めるそうです。

 

この記事では、会社が社員旅行を企画する理由と嫌々でも参加すべき理由をお伝えしていきます。

 

さらに、職務経歴書を定期的にブラッシュアップする大切さも紹介します。

 

 

税務上半数以上の社員が必要

 

会社としては、社員の半数が参加しないと、参加社員に対する給与として取り扱われて、課税の対象となるため社員に参加してもらう必要があります。

 

真の仲の良さを見る良い機会

 

普段の職場では、さまざまなしがらみがあるため、社員同士の本当の仲の良さが分かりません。

 

社員旅行における自由時間は、会社がプライベートにおける人間関係を把握する良い機会です。

 

そのために、大広間で食事を行いビンゴゲームなどが行われるのです。

 

昔から社員旅行を行っている会社は、実際の人間関係を観察して、人事に反映していく最高の機会といいます。

 

社員旅行に参加すべき理由

 

社員旅行には、喜んで参加していく人は少ないかと思います。

 

若者の多くは、仕事とプライベートのメリハリをつけたいと考えています。

 

昔の会社は、社員旅行に参加することはほとんど強制的でした。

 

そのため、年配の方の多くは、社員旅行に参加しない若者をマイナス評価します。

 

日系企業では、良い仕事やチャンスをつかみとるためには、上司に気にいられることがなによりも必要です。

 

年収を上げたいのであれば、読書や自己啓発も大事ですが、実際に様々な仕事にチャレンジしてスキルを高めるのが近道です。

 

いろんな仕事に取組み、板挟みとなった状態でこそ、その人の付加価値が生まれてくるのです。

 

職務経歴書を定期的に書くべき

 

今の会社の将来性や年収に不満と疑問があるならば、スキルを高める場と割り切り、職務経歴書に実績として書いていけるような経験を積めるよう行動すべきです。

 

定期的に職務経歴書をブラッシュアップする習慣は、転職を考えていなくても持つべきです。

 

会社の業績が悪くなった時にすぐに転職市場へ足を運ぶことができますし、会社への不満や自分のビジネスへの考え方を、日頃から整理する習慣が身に付きます。

 

仕事の時間をスキルを高める場として捉えて仕事をするのとしないのでは、何年後かに大きな差が生まれています。

 

もしスキルが身につかない仕事をしているのであれば、すぐに転職活動をするべきです。

 

貴重な時間の代わりに給料だけをもらっているだけでは、年収は生涯上がりませんし、業界によっては目減りしていきます。

 

サラリーマンのメリットは、固定収入を得つつ、様々なチャンスをつかむことでスキルを伸ばしていけることです。

 

積み上げていくスキルは、未来の自分への投資になり、年収交渉の最大の武器となります。