途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

在職中に転職活動する忘れがちなメリットと無職期間に狂わないようすべきこと

f:id:cgef:20180806210142j:image

会社を転職する場合は、在職中に転職活動を行い、次の会社が決まってから退職願を上司に提出するのが望ましいです。

 

しかし、現職がとても忙しく転職活動をする時間が取れず、企業と面接日程を合わせるのが難しい場合は、退職してから転職活動することになります。

 

そこでこの記事では、在職中に活動する忘れがちなメリットと退職してから転職活動する際に、気をつけるべきことをお伝えしていきます。

 

在職中に活動する忘れがちななメリット

 

転職活動を行っている人の7割は、在職中に活動しています。

 

在職中の転職活動はとても大変ですが、それに見合うだけのたくさんのメリットがあります。

 

ここでは、他の記事では触れていない意外と盲点になっている在職中に活動するメリットを2つ紹介します。

 

転職に意欲的であるとアピールできる

 

仕事が忙しい中、企業と時間を調整して面接日時を決めるため、スケジューリングの力や転職活動に積極的であることをアピールできます。

 

企業側は、本気度が高い志望者とだけ、面接を設定したいと望んでいることを忘れてはいけません。

 

仕事の質問に現在形で回答できる

 

話に説得力を持たせるコツは、現在形を交えてエピソードを話すことです。

話全体が過去形の場合は、エピソードに新鮮さがないため、一番知りたい現在のあなたがぼんやりと見えてしまいます。

経験が浅い面接官は、あなたのスキルを正しく評価できない可能性が高まります。

さらに、仕事内容に関する質問には、在職中であると、回答がしやすい特権があります。

しかし、在職中だからこそ仕事に対する質問には、しっかり答えることができないと、大きなマイナス評価が下ることとなります。

 

退職理由を厳しく追及されない

 

転職活動における面接の質問では、退職理由について、しっかり答えていくことがとても大事です。

 

前向きな言葉で回答することが必要であり、退職理由とあわせて、将来どのように働いていくことを希望しているかをしっかり伝える必要があります。

 

人事が一番恐れているのは、前の会社を逃げるようにして辞めていないかどうかなのです。

 

在職中の活動であれば、人事に対してこのような不安を感じさせずにすむことができます。

 

無職期間を狂わないよう最低限すべき3つのこと

 

残業が多く休日出勤も多い会社に勤めている場合は、一度会社を辞めてから転職活動するしかありません。

 

私も数ヶ月だけど無職だったときがありますが、精神的に非常に辛かったのを強く覚えております。

 

社会的地位は低いものになりますし、これからどうなるんだろうという不安で一杯になりがちです。

 

また、会社を辞めてしまったら無職となり、定期的な固定収入もなくなるため、通帳の数字が減っていくのを見て、心理的に追い詰められやすいです。

 

メンタルの状態がよくないと、結果的に面接がうまくいかなくなり、不合格が続くようになります。

 

そこで、無職の期間を経験したことから感じた、転職活動を行う人が実行すべきことを3つお伝えします。

 

社会的な組織に所属する

 

人は、集団において役割を果たしていないと、自尊心がすぐに低下していきます。

 

そのため、オンラインサロンや地域のスポーツチームなどなんでもいいので、自分の役割を果たせる組織に所属しましょう。

無職になると、人とコミュニケーションをとる機会が少なくなり、ほっておくとコミュ力が低下してしまいます。

 

小さな楽しみを作り、それを目標とする

 

旅行を計画すると、それによって得られる幸福は、最大8週間続くと言われます。

 

無職だからといって禁欲的になることは、絶対に避けるべきです。

小さな目標は、日々のストレスを低減して、長期的によい効果を与えます。

 

とにかく行動すること

 

無職になると、意外と時間がたくさんあることに気づきます。

この大量の時間の使い方で、あなたの転職活動の結果が大きく変わってきます。

 

一番ダメな時間の使い方は、選択を後悔して思い悩むことです。

頭でどれだけ考えようが現状は何一つ変わりません。

時には思い悩むことが大事ですが、無職の期間においては、負のスパイラルに陥る危険性があります。

 

行動することでしか道は開かれないと考えるべきです。