途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

工場勤務はストレスが少ない最強の仕事である

f:id:cgef:20180727122306j:image

 

この記事では、今の職場環境に不満がある人に、工場で働くという選択の魅力を紹介します。

 

工場勤務の魅力

○工場勤務に向いている人
・黙々と作業を続けられるひと
・ものづくりが好き
裁量権を持って自分のペースで働きたい
・初対面の人とのコミュニケーションが苦手

 

以上の特徴に当てはまったら、工場で働くという選択肢を考えるのをおすすめします。

 

ものづくりが好きな人には、工場勤務は天国です。

 

工場で働く人は、職人肌で穏やかな人が多く、ものづくりのスキルを高めたい人に最高の環境です。

 

特に今は、人手不足なので、周囲のアドバイスを受けやすいです。

 

最大の魅力は、仕事に慣れたら個人で大きな裁量権を持って、自分のペースで仕事を進めることができることです。

 

工場勤めの方は、そういったスタイルに魅力を感じて働いている人が多いです。

工場で働くストレスとは

一般的に、仕事のストレスは、仕事の難易度よりも、対人関係によるものが大きいといわれます。

 

会社の規模が多くなるほど、一つの書類を認可するのに、多くの人を巻き込む必要があり、対人ストレスがたまりやすいですね。

 

一方で、工場の仕事は、各自の仕事の割り当てがはっきりしており、多部署との調整業務が少なく、人間関係が比較的楽です。

工場勤務に向かない人とは

○工場勤務に向いていない人

・チームで働きたい

・初対面の人とのコミュニケーションが得意

・人脈を広げたい

・出世したい

 

工場勤務に向いていない人は、チームで仕事に取り組むことが好きで、色んな人を巻き込んでプロジェクトを展開させることにやりがいを感じる人である。

ものづくりがどれだけ好きであっても、一人一人が独立して仕事する職場が多いので、チームで働くことが好きな人は避けるべき仕事である。

 

*隠れた魅力とデメリット

自分の仕事の成果は、目に見えやすいのが工場勤務の魅力的な点でもある。

自分の成果がはっきりと分かり、自身の仕事がどのような形で社会貢献をしているか分かりやすい。

工場は、ものづくりの現場であり、製品をどれだけ効率よく生み出すことにフォーカスする。

そのため、無駄な会議と打ち合わせが少ない会社が多い。

目の前で利益を生み出す商品が次々と生み出される場所であるので、社会貢献している実感がわきやすい。

 

工場勤務のデメリットは、職場に女性が少ないせいか、働く人間の非モテ率がとても高いことである。

人間は周りの環境にとても影響するので、自分の周りが非モテだと、自分も非モテになる。

工場で働く場合には、非モテとの距離を置き、モテる人間と絡む事が重要である。

非モテは、人生を滅ぼすので、工場というある種の殺伐とした環境に染まらない事が大事だ。

くだらない会議、上司との付き合い残業にうんざりして、仕事を黙々とこなしてみたいと思ってる人には、一度工場で働くことを考えてみてほしい。