途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

香川真司とフェライニ

f:id:cgef:20180723223346j:image

 2018年ロシアワールドカップにおいて、1番盛り上がった試合は、日本対ベルギーになるかと思います。

日本は先制点を取りましたが、ベルギーに3点を決められ、ベスト8進出となりませんでした。

ベルギーの1点目は、アンラッキーなゴールでしたが、2点目は交代で入ったフェライニ選手の個の力によるゴールです。

この2点目は、日本にとって嫌な時間帯で決められてしまい、試合の流れが大きく変わりました。

 

多くの人は、敗戦を丁寧に振り返りませんが、日本のMVPには香川選手を挙げたいと思います。

 

前線でスペースがないときには、中盤の底まで降りていき、ボールに積極的に絡むことで攻撃のリズムを作り出していきました。

 

ボールを持っていない時には、相手選手の動きを読み、効果的に動くことで味方のスペースを作り出す動きをしていました。

 

ドイツリーグでプレーをする香川選手を普段見る機会が少ない方は、彼がボールを持ってないときでも、チームに大きな貢献をしていることに気づくのは難しいと思います。

 

香川選手の最大の持ち味は、ペナルティーエリア付近で、スペースを作り出す動きです。

W杯本番では、主に乾選手、長友選手と連携して左サイドを制圧しました。

 

残念ながら、相手のマークがきつくなり、ベルギー戦ではペナルティーエリア付近でボールを触る回数は少なく、本来の能力を発揮していませんでした。

 

試合中盤までは、香川選手のこの動きによって、日本は主導権を握っていました。

 

試合の流れを変えたのは、フェライニ選手です。

 

先制を許したベルギーは、交代によって長身のフェライニ選手をピッチに送り込みました。

 

実はこのフェライニ選手は、香川選手がマンチェスターユナイデットに所属していたときに、同じチームメートでした。

 

当時のマンチェスターユナイテッドは、監督がファーガソンからモイーズ監督にかわり、サイドからのクロス主体の戦術を取っていました。

 

高さのない香川選手は、本来の能力を発揮することができない状況でした。

 

一方でフェライニ選手は、モイーズ監督が自身の教え子として古巣から連れてきた選手です。

 

モイーズ監督は、彼の強みを活かしたチーム作りに励み、フェライニ選手はサイドからのクラスにほとんど競り勝ち、ゴールを量産しました。

 

国外選手というつながりで、練習で一緒にパス交換することが多かったフェライニ選手は、香川選手を技術的に 1番高い選手であると話しています。

 

W杯本番では、持ち前のヘディングの強さを活かし、サイドからのクロスに強烈なヘディングを日本のゴールネットに叩き込みました。

 

そのシーンは、理不尽なほど高く、世界との壁を痛感させられた方も多いと思います。

フェライニ選手と香川選手は、身体的には真逆に位置する二人になります。

 

しかし、香川選手のテンポの良いステップや俊敏性は、ゴール前での地上戦でフェライニ選手に大きく利があります。

 

この2選手は、日本人の持ち味を考える上で良い対象になるかと思います。

 

試合後、ピッチで2人は熱い抱擁を交わしましたが、同じチームメイトであっただけに相当な悔しさを感じていたと思います。

 

様々な特徴の選手がそれぞれの持ち味を活かし、それがチームの総合力として現れていきます。

 

敗戦を冷静に分析するのは困難を極めますが、フェライニ選手と香川選手に注目して、ベルギー戦の内容をもう一度振り返ることで、日本サッカーの未来へ明るい提言をしていきます。