途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

ベルギーと日本の差

日本代表がベルギー代表に負けて、W杯決勝トーナメントベスト16で大会を去ることとなった。

今日は、多くの日本人が寝不足であったし、負け試合であったにも関わらず、何かやってやるぞという気合いを持った人が道歩く人に多いように感じた。

それだけ、日本代表の戦い方は、人々の胸に響いた。

屈強なルカクに対し、吉田は身体を投げ出し何度もシュートブロックをした。

アザールのスピードには、原口と酒井が協力して、縦への侵入を防ぎ決定的な仕事をさせなかった。

日本の先取点の2点は、どちらもボールを動かしてできたスペースを使って生まれたものだ。

特に、2点目の乾のシュートは、名手クルトワでも届かないコースに無回転のボールを蹴ったものである。

日本に2点目が入ったら、ベルギー陣営はただちに交代のカードを切ってきた。

長身のフェライニボランチに配置し、ベルギーのボールが前に運ばれると、ヘェライニも全然を飛び出していった。

この時、日本のペナルティエリア内には、ベルギーの攻撃陣のルカクフェライニがいることになる。

競合いが強い屈強なこの二人は、アザールからのクロスに簡単に合わせていった。

絵面を見ると想像を絶するほど、体格差があり、ジャンプ力も桁違いなので、ひたすら耐えることが必要な局面である。

しかし、マークの受け渡しのミスがあり、ルカクに失点を許してしまった。

このヘディングの強さ、身体能力という点では、日本人は一生追いつけないが、理不尽を感じさせる程の高さがあった。

日本の特徴は、小柄で小回りがきく敏捷性が高いことであるが、セットプレーやサイドからのクロスには対応するのは不可能だろう。

そのため、正確なクロスを上げるスペースを与えることなく、チームで連動して球際に素早くチェックしていく必要がある。

最後のCKシーンでは、日本代表が上がりすぎていて、ショートカウンターでベルギーに一瞬で決められた。

このシーンの日本代表のポジションを批判する声もあるが、90分で決められなかったら延長戦で戦っても負けるイメージあったのだろう。

もしかしてら、選手達の頭が冷静でなかったのかもしれない。

カウンター時の対応としては、山口に改善すべき点がある。

途中交代ではあるが、相手のカウンターを遅らせるために、レッドカード覚悟して、相手を力ずくて倒すべきである。

日本には、ベルギーと比較して交代のカードが少なかった。

ベルギーと日本の差について、西野監督は「全てだと思います、でもわずかだと思ってます」と答えている。

今日の日本代表の戦い方を見て、僅かな差がたくさんあり、それが大きな差となることが明らかとなったと思う。

課題が明確になり、次のW杯もまた日本代表を熱く応援したくなる日本代表であった。