途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

将棋初段への近道

「将棋が面白くなるのは初段から」という言葉がある。

確かに強くなればなるほど、将棋の奥の深さに気づくことができます。

この記事では、将棋の初段になるための近道を紹介します。

1. 三手の読みを正確にする

三手先の局面を正確に把握できれば、かなり上達したと言っていいでしょう。

その読みの力をつけるためには、三手詰めを解くのが手っ取り早いです。

詰将棋の本を何周もすることは、将棋の駒の特性を理解することができ、読みの力が付きます。

三手の読みがしっかりできていないのに

、定石の本やプロの棋譜を勉強してもあまり効果はありません。

質の高い三手詰めはたくさんありますので、一冊購入して何度も繰り返し解きましょう。

2.強い人に教えてもらう

よい教育者に出会うことは、何事でもとても重要なことですが、特に将棋においては、指導者に恵まれないと中々上達することはできません。

強い人と将棋を指して感想戦に付き合って貰うことは、とても勉強になります。

駒の損得の考え方、形勢判断の方法は、書籍を読んでも腹に落ちないことが多いです。

最近は、動画配信サイトで将棋の実況をする人がいますが、高段の人の動画はとても参考になります。

折田さんという方は、奨励会を3段まで登り詰めており、現アマチュア強豪です。

彼の配信では、形勢判断の方法や優れた大局観をリアルタイムで学ぶことが出来ます。

将棋ウォーズの3分切れ負けの動画が多いですが、「将棋が強い人の盤面の見え方」をうかがい知ることができる特別なコンテンツと言っていいでしょう。

3.初段になるまでは居飛車を指す

振り飛車は、序盤の細かい変化が少なく、方針が決めやすい将棋になりやすいです。

そのため、振り飛車に依存しすぎると序盤を丁寧に考える癖がなくなり、乱戦模様の将棋にめっぽう弱くなります。

特に中飛車は、決まった駒の配置をすることがほとんどで、攻める駒も決まっているので序盤〜中盤の入り口まで考えなくても勝負形を作ることが出来ます。

攻めの方針も決めやすいですし、破壊力があるため中飛車には大きな魅力があります。

この魅力に捉われるのはやめて、読みの力をつけるために初段になるまでは、戦型に中飛車を多用するのはやめた方が良いです。

最後に、将棋が強くなるためには毎日勉強するのが結構大事です。

読みの力というのは、筋肉と同じで使う習慣がないとあっという間に衰えるものです。

もしあなたがとても忙しく毎日を過ごしてるならば、5分でも詰将棋に向かう時間を作ってください。

毎日の努力の成果はスキルとして蓄積し、初段への入り口は開けていくでしょう。