途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

注意すべき職場の要注意人物の特徴

世の中には無数に会社があり、いろんな人間が一緒に働くため、会社によって雰囲気は様変わりします。

 

同じ会社でも部署によって全く仕事のやり方が異なったり、上司の権限の強さによっては全く違う会社のように感じることがあります。

ある者は、自己の存在意義を会社に求め続けワークホリックのような状態になったり、自らの精神の不安定さを職場の人間関係に投影させていく者もいます。

 

人間関係が劣悪でギスギスしている職場もあれば、人事制度を整えることを最優先としている会社もあります。そのような会社は、コミュニケーションがスムーズに行われる職場が、結果的に長期的な利益を会社にもたらす集団であることをよく知っています。

 

この記事では、職場で注意すべき人物の特徴についてお伝えしていきます。

 

人間関係を壊そうとする人

 

パワーハラスメントは、一般的に権力を持つ者が持たざる者を一方的に貶めていくことを指します。

この図式は、周囲からは気づかれないように行われる場合もありますが、いずれにせよ被害者の立場からすると、ハラスメントの当事者は明らかとなっています。

この場合には、会社の人事を取り仕切ることができる人物に相談をしたり、思い切ってその行為をやめるよう直接要求するなどの手段を立てていことができます。

問題と感じることを本人に直接言うことは、状況をドラスティックに変えていく上ではかなり効果的な手法で、案外それで劇的に変わってしまうことがあるのが職場の人間関係です。

一方で、「あなたが悪口を言われていたということをわざわざ伝えてくる」人のような、人の人間関係を壊そうとする人には要注意です。

そのような人物は、自身が手を汚すことなく人を追い込んでいく手法に長けているため、よほどの注意を払わなければ分かりません。

もしかすると、あなたが人間関係で困っている場合には、あなたも知らない他の誰かがそのような状況を意図的に作り出している可能性もあります。

日系企業のような年功序列型の給与制度を構える会社は、不良社員を解雇するのはとても難しいので、人事異動で人間関係が悪い職場を設計し社員が自ら退職することを想定します。

また、スキルがあっても人を使うマネジメント能力がない上司も、パワーハラスメントとして訴えられるのを恐れて、人を使ってあなたの人間関係をこわしていくモラハラの性格の持ち主である可能性もあります。

しかしながら、人間関係での悩みは深刻な場合もありますが、思い悩んでいても解決することはありません。

さらに、あなたがどれだけ熱意を持って改善を促しても、他者の振る舞いを正していくことはできないものです。

そのため、他者へエネルギーを向けるのはやめて、過去にとらわれず自身の考えをクリアにし、ビジネスマンとして割り切って人間関係を構築していく能力を鍛えていきましょう。

さまざまな人間とビジネス上の人間関係を作る力は、転職市場ではとても価値が高いため、あなたの今の職場は未来への飛躍の踏み台であると考えていきましょう。