途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

不満がなくてもエージェントに登録すべき3つの理由

f:id:cgef:20180813120631j:image

好景気に後押しされ、有効求人倍率が上がり、転職市場に活況があります。

それと同じくして、人材紹介の会社の数が爆発的に増え、多様な人材に対応する企業が多くなってきています。

大手人材紹介会社の寡占が進んでいますが、ニッチな分野に特化した会社も増えているため、働く人の多くが利用するのが当たり前の時代となりました。

 

この記事では、今の会社に特別な不満がなくても、転職活動に関するプロである転職エージェントのサービスに申し込むべき理由をお伝えします。

 

利用することで得られるメリットは3つ

 

会社が求める人物像の可視化

業界ごとにいま求められている人物像がわかります。

大手人材紹介会社の中には、キャリアアドバイザー(求職者に個別に対応する人)と会社の企業担当(会社にヒアリングし、求人情報を得る人)が在籍しています。

そのため、企業が求めている人物像に関する確かな情報を持っています。

キャリアアドバイザーとの面談の中で、もし気になる企業があれば、その会社の営業担当と連絡を取れないか聞いてみると良いです。

クライアントからの直接の声を聞いているため、より精度の高い情報を手に入れることができます。

 

 

スキルの棚卸の手法

あなたの職務上で身につけたスキルについて、転職市場で良い評価が得られるような棚卸の方法を教えてもらえます。

転職エージェントには、人の持ち味を引き出すことが上手な人が多いです。

あなたが気づいていないだけで、企業に十分アピールできる仕事を経験しているかもしれません。

エージェントは、あなたの隠れた可能性を掘り起こし、どのような点が評価されるのかを伝えてくれます。

しかしながら、転職エージェントの方の経験が浅かったり、あなたが行きたい業界に精通してないケースも考えられます。

その場合には、複数のエージェントに同時に相談して、様々なアドバイスを基に、あなたが納得する形で棚卸をするのが効率が良いです。

 

職務経歴書の書き方

職務経歴書は、転職市場においては強烈な名刺代わりです。

会社の人事は、職務経歴書を見てあなたのキャリアをおおまかに判断しようとします。

そのため、キラりと光り人事の目にとまるものが盛り込まれてなければ、書類選考で落ち続けることになります。

職務経歴書を書く上では、内容を充実させることが大事になりますが、フォーマットも重要な要素になってきます。

例えば、複数の会社で就業した経験がある場合、1社目の経歴を最初に書くのではなく、一番最近に就業した会社の経歴書を初めに書くのがよいとされます。

面接官は、あなたの過去の職歴も知りたいですが、一番に興味があるのは、現在の会社を辞めてまで志望する理由だからです。

 

また、企業のスカウトサービスを利用することで、自身のリアルな市場価値(年収)が分かったり、思わぬ企業から面接のオファーがあるかもしれません。

 

さらに、常に自身の経歴書をブラッシュアップしておくことで、キャリアを急に転換せざるをえない状況になってもスムーズに対応していくことができます。

 

常日頃から、職務経歴書を充実させることができるように、仕事に取り組む姿勢が重要です。

 

これを20代の頃から意識する人としない人の間では、10年後に一生追いつけないような差が生まれます。