途中待機.com

ライフハック、飛蚊症

石の上にも三年?20代の葛藤と転職

石の上にも三年

 

日本の新社会人によく使われる言葉ですが、時代遅れの言葉であるという主張が増えてきています。

技術革新のスピードが速く、1年で業界の仕組みが変わってしまうような出来事が起きているためです。

社会人二年目、三年目の方は、仕事を覚えてきたと同時に、これから長く今の会社で働いていけるか不安な方もいるでしょう。

新入社員の頃と比較して、会社の内情がよく分かるようになり、自身の今後のキャリアを真剣に考え始める人は少なくないのではないでしょうか。

 

この記事は、今の労働環境に不満を持ち、新しい会社でキャリアをスタートさせることを考えている人に向けて書いています

 

今すぐ会社をやめるべき人

 

スキルが身につかない仕事

 

このパターンが一番最悪です。どれだけ懸命に働こうが、お金しか手元に残らないからです。この場合、あなたの市場価値は年齢が上がるにしたがって逆に下がっていくだけです。友人に部品工場の製造ラインのオペレーターがいますが、彼が40歳の時会社が倒産しました。すぐに就職活動を始めましたが、本人の仕事に対する姿勢、勤勉さが評価されず長期的な就職活動を余儀なくされました。スキルが評価される転職市場においては、勤勉さは評価の対象に入らず、評価されるスキルがないためです。ゆるふわ企業とはさよならしましょう。

 

上司からのパワハラ、セクハラ

 

ただちに上司より役職が上の人に相談して、異動の相談や休職をするべきです。筆者はパワハラの現場をいくつか見てきましたが、理不尽な行為に対して我慢していた方は、うつと診断され被害者が退職するパターンが殆どでした。うつの再発率は30パーセントを超えますので、やばいと思ったら早く逃げてください。一度心が弱くなってしまうと、何度もうつを繰り返し精神を安定させるのが難しくなり泥沼に入ってしまいます。

コンプライアンスに対する企業の取り組みが高まる中、パワハラ、セクハラがいまだに横行する会社はかなりイケてない会社です。当たり前のことですが、粗暴な人がいない会社はいくらでもありますからね。

 

苦手なことがメインの仕事

 

苦手なことを努力することは辛いことですし、長期的に見ると得意なことで仕事をする人と比較して大きな差が生まれます。自身の得意分野と実際の職務を掛け合わせて仕事を決めるのが理想です。そのために、様々な業界の人とFace to Faceのコミュニケーションを増やし、生の情報を手に入れることが重要です。ネットの多すぎる情報に触れてしまうと、自身に都合のよい情報だけ見てしまいがちです。そのため、転職のプロである転職エージェントのサービスを受けてみるといいかもしれません。

 

 

さらに、自分のポジションが今空いていると仮定して、転職でそのポジションの選考を受けることを考えたとき、「その場所で働くことだけは避けたい」と感じたら真剣に会社を辞める決断をする時です。メタ認知(自分の認知を客観的に把握)による正確な現状分析の結果なので、あなた自身が真に職場環境の変化を望んでいます。

 

 

 

 

止まりさえしなければ、どんなにゆっくりでもすすめばよい 孔子